3331 Arts Chiyoda

所在地:千代田区外神田

敷地面積:3495.58㎡

延床面積:7239.91㎡ (建築面積:2086.48㎡)

構造/規模:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)/地下1階 地上4階建

最高高さ:17.3m

用途:アートセンター

建築:佐藤慎也,馬場兼伸, 古澤大輔, 黒川泰孝

構造:岡田章,大塚眞吾,宮里直也

プロジェクト総括ディレクター:中村政人

プロジェクトマネージャー:清水義次

監理:メジロスタジオ+アフタヌーンソサエティ

施工:斎藤工業

発注元:千代田区

設計施工期間:1期 2009.11-2010.2 2期 2010.4-6

https://www.3331.jp

 

廃校となった中学校を再活用したアートセンター。改修では、建築的な作法による空間づくりを極力避け、アーティストが運営する施設にふさわしい性能を確保することを主眼に置き、活動に応じた極端な改修方法を採用している。本格的な展覧会を行うギャラリーでは、完全なホワイトキューブと呼ぶべき徹底した改修を行う一方で、アーティストの活動を支援する活動スペースでは、学校が持っていた記憶をそのまま残した最小限の改修に留めている。それらは空間を視覚的にデザインすることとは異なり、必ずしも表面に現れないストラクチャーをデザインすることを目指したもので、場所と呼ぶべき抽象的なものをデザインする作業であった。
また、隣接する都市公園が同時に再整備されるに当たり、中心に立つクスノキを象徴的に残した開放的な明るい公園を提案した。公園には校舎の裏側が面していたが、大階段とデッキに続く巨大な開口部を設け、構造躯体を移設した広がりのあるコミュニティスペースを確保することにより、外部から内部へと連続する計画を実現している。それにより、このアートセンターが人々とアートを結びつける場所として有効に機能することを期待している。

(佐藤慎也)

This arts center was converted from a former junior high school. For the conversion design, we tried to avoid a space designed with a purely architectural styles as much as possible. The main target of the arts center was to have a suitable performance for artists managing. A fairly extreme conversion designs could be selected to the provide the space for these different types of activities. For the galleries which hold professional exhibitions, we designed them as a perfect white cube with an extensive renovation, in tenant spaces for artists, we left memories of the school with more minimal renovation. The space wasn’t designed as simply visual. We aimed at designing the structure behind the surface, which could also be called a place.
A city park was also converted. It was changed into an open bright park with a camphor tree located in the center. The back side of the former school faced the park, we designed a huge opening extending onto a deck and descending a grand staircase. The arts center realized a plan to follow the designed inside to the exterior. It’s hoped that the arts center will be a place which connects art to people.